トップ画像のみかん

萩を表す風景として「武家屋敷の土壁に夏みかん」は、最も分かりやすい構図です。


萩市内で多く栽培されている夏みかんは別名、夏橙(なつだいだい)と呼ばれ、長門市の青海島のものが起源と言われています。


萩で夏みかんの栽培が広まったのは、明治の初めごろで、給禄奉還で困窮した武士や、藩の経済に頼っていた町人を救済するために、苗木を配ったのが始まりです。


萩の夏みかん栽培に尽力したのが、明治政府の要職を歴任した小幡高政で、夏みかん栽培の父と呼ばれています。


平安古町にある旧田中家別邸は、もとは小幡高政の邸宅で、夏みかん栽培の苦労を記した石碑「橙園之記」が建っています。